遠隔医療相談システム利用規約

遠隔医療相談システム利用規約

第1条(利用目的・範囲)
本サービスは日本の医師に医療相談を行う目的利用とし、処方・診断行為は行わない。

第2条(準拠法)
本サービスの準拠法は相談者の居住国に関係なく日本国憲法を準拠法とする。

第3条(遠隔相談システム利用料)
本サービスの利用料は次の通りとなる。

(1)システム登録料金
(2)医師調整・医療情報翻訳料金
(3)医師との遠隔医療相談システム利用料金

が発生する。また、(3)の医師意見の意見書発行は含まれておらず別料金が発生する場合が有る。
本サービスの通訳は本サービスが指定する通訳が行う。また、本サービスは通訳過誤の一切の責任を負わない。

第4条(遠隔相談システム利用料の返金)
(1)登録料金、(2)医師調整・医療情報翻訳料金の返金は一切行わない。(3)医師との遠隔医療相談システム利用料金は支払後に遠隔医療相談が実行されなかった場合は返金される。

第5条(遠隔相談システム利用料の支払い方法)
本サービスの利用料支払いは本サービス指定のクレジットカード・電子決済サービスでのNET支払決済のみとする。銀行振込、現金での支払いは基本的には行わない。

第6条(医師・病院への直接連絡の禁止)
本サービスにおいて選定した医師・病院へは本サービスを通じて連絡を限定とし、本サービスにおいて選定した医師・病院への直接連絡を禁止する。また、直接連絡を行い相手側に生じた損害賠償は本サービス利用者・その関係者が無条件に負担する。

第7条(個人情報取扱の目的)
本サービスが申込者よりお預かりした個人情報は、本サービスが行う下記【1】の業務範囲内において、下記【2】の利用目的の為のみ使用致します。

【1】業務内容
①遠隔医療相談サービス、遠隔訪日治療相談サービス、遠隔医師間治療相談の提供業務
②①の業務に付随するすべての業務

【2】利用目的
①各業務に関して甲の依頼に沿ったサービスの実施に当たり、医療機関・医師への連絡、請求、決済、問合、依頼等への対応等適正な業務を遂行する。
②上記の各業務遂行に当たり、医師・医療機関の紹介、情報提供、アンケート調査やデータ集積とその分析を行う。
③【1】業務内容の適切且つスムーズな遂行の為に一部、または全部を第三者に業務委託をする。